So-net無料ブログ作成

「ホームレスワールドカップ」:国と協会の器。 [映画]

初回公開時に見逃していた「ホームレスワールドカップ」が、ビッグイシュー7周年ウィークの「希望映画祭」で上映されるというので観てきました。
http://blog.livedoor.jp/big_7anniversary/

2006年にケープタウンで開かれたホームレスワールドカップ第4回大会に取材したこの作品は、何人かのプレイヤーを追って行きます。案内役はコリン・ファレル。

薬物中毒のため家を出て、ホームレスになり、更生プログラムを受けているアイルランドのGKダミアン。彼の母や監督には字幕が出ないのに、彼の英語には字幕が出るほど聴きとりづらい。
立ち直るためのステップとして「何者かになりたい」と代表入りを志願。
アイルランドのキャプテン、サイモン。薬物中毒のため兄弟を失い、自身も犯罪に手を染めた。

ケニアのキャプテン、アレックス。スラムに生まれ、トイレ掃除でなんとか生計を立てている彼らケニア代表は練習のためのピッチがない。スラムの子供たちの手を借りて、自ら土を掘り起こし、ミニサッカーのピッチを作る。「これで今後、子供たちもここを使ってプレイヤーを目指せる」 目標は優勝とプロ契約。しかしペナルティキックが猛烈にへたくそ。

スペインの62歳、ヘスス。若いころはレアル・マドリーにも所属していたという彼は元銀行強盗(!)。服役を経てホームレスとなり、現在はシェルター生活。アルコール依存症からの脱却を目指している。
ちなみに、チームのレベルとか、目指すところとか、このスペインが一番日本に近かったという印象(1勝してるけど…)

アメリカの若者、クレイグ。家族に見放され家を飛び出してホームレスに。ホームレスが「敗残者」とみなされるアメリカでは、路上生活は警察や一般人との戦いでもある。自己防衛のために「怒り」を身につけた彼は折に触れて「爆発」してしまう問題を抱えている。

アフガニスタンのナジブ。戦争でパキスタンのキャンプにのがれたが、「死んだほうがまし」な生活に耐え切れず帰国。家も家族も失った今フットボールが生きがい。「タリバン政権下ではフットボールをやっているだけで逮捕された。いつも見張りを立てながらプレイしていた」

ロシアのエース、スラヴァ。貧しい農村からサンクトペテルブルクに出てきたが、「住民票」がないと仕事さえできないロシアでは、国内で「不法滞在」の若者が多数ホームレス化しているという。ちーむの監督じしん、元ホームレスでいまだに「不法滞在」の身分。ロシアではホームレス問題はないことにされている。優勝して、自分たちの存在を国民に知らしめるのが目標。負けることは、考えていない。

メインの選手たちはこんな感じ。代表選考の過程から大会中、そして大会後までの彼らを入れ替わり追っていくスタイル。

それぞれの選手から各国のホームレス事情が浮かび上がる。受け入れ設備が整っている国、いない国。日本もたいがい状況は悪いが、アメリカやロシアの状態はそうとう厳しそうだ。またアフガニスタンのような特殊な事例もある。この映画には出てこないけれど、昨年のミラノ大会に出ていたカンボジア代表などは、いわゆるストリートチルドレンが中心だったという。

それぞれにドラマがあり、それぞれに印象深い。
確か以前テレビで紹介されていた時は、アメリカのクレイグが取り上げられていた。大会中にもラフプレイや報復行為、審判侮辱など「キレる」側面がそこここで爆発していた彼が、次第に仲間と協力することを覚え、プレイに集中することができるようになり、「怒るのも泣くのも疲れたんだ」と、穏やかな表情にたどり着くその変化は目を見張るものがある。

でも、実は私が個人的に一番感動したのは、アイルランド代表。の、扱いだった。
南アフリカに行く前、ホームレス・アイルランド代表は、(おそらく)ランズダウンで行われたアイルランドの代表戦(たぶんEURO予選)に招かれ、ハーフタイムに満場の観客に向かって紹介されたのである。フル代表と同じジャージを着て。あの、熱いアイルランドサポーターが彼らにエールを送った。

すごすぎるじゃないか、アイルランド協会。かっこいいぞ。

社会の片隅に追いやられ、路上で寝ている彼らが、「国の代表」として認知され国民に応援されて送りだされる。
数万の観衆の前で紹介されることが、彼らにとってどれだけ大きなことだったか。

しかも、大会が進んでいくうちに気付いたのだけど、ほかの国が大抵一種類のシャツしかもっていなくて、色が被るときにはビブスを使っているのに、アイルランド代表は「アウェイ・キット」を持っていたのである!
こんなとこ見てる人もなかなかいないだろうから書いておく。

ちなみに2006年大会では見た限りでオランダ・アイルランド・イングランド・パラグアイあたりが公式キットを着ていた。アメリカはこの年は違っていたけれど、昨年大会では公式キットになっている。
イングランドの代表は、マンUのコーチ陣からコーチを受けている。
残念ながら昨年の日本代表は、アディダスから日の丸の付いたウェアは提供されたものの、公式のキットは使えていない。コーチは一般のボランティア、フットサル元日本代表の選手が唯一大々的に支援してくれたフットボーラーだ。壮行会は区民施設で小さく行われたのみ。
また、費用不足から昨年の出場がまだ2度目。今年(リオ)は出場ならなかった。

南アフリカ大会では当時のムベキ大統領がパレードに顔を出し、ミラノ大会ではインテルとミランがバックアップ(選手はサンシーロを見学)、会場にマテラッツィなどの有名選手が顔を出した。

この差はなんだろう…

一概には言えないけれど、やはり
・フットボール自体の浸透度
・社会全体のホームレス問題・社会問題に対する意識
・企業(クラブ含む)の社会貢献意識
・フットボール協会が、どれだけ草の根フットボールに対して目を配れているか

が大きいような気がする。
日本代表は、ほとんど経験がないおじさんたちが主力。生まれたころからボールを蹴っている人がごろごろいる国とはやっぱり比べ物にならない。だけど、やっぱり「先進国」としてほかにそん色ないことができる協会でないと、「世界標準」は狙えないと思うのよね。
ひとつの小さなNPOだけががんばっても現状が限界だと思うのです…

来年の大会はパリ。リオより断然行きやすい。
しかもパリ大会の名誉大会委員長は我らがアーセン・ヴェンゲルときた。

昨年は手伝おうとしてとっても中途半端に終わってしまったので、来年もしBIが出場を目指すならもっと何か協力したいな、と思っている今日この頃です。

ミラノ大会の出場レポートはこちら
野武士FC活動ブログはこちら
月2回ペースで練習をしています(四谷)。ご興味ある方は、ぜひ練習に参加/見学に行ってみてください。

hinomaru.jpg
東京の壮行会。3人の代表選手全員が就職・路上脱出に成功しました。

フットボール好きの方にはぜひ見ていただきたい映画です。


ホームレス・ワールドカップ [DVD]

ホームレス・ワールドカップ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビデオメーカー
  • メディア: DVD



ついでに、野武士ジャパンのミラノ大会を追った「NONFIX」もまた再放送してくれないかな~

終末のリアリティ:「ザ・ロード」 [映画]

前に一度「あ、面白そう」とは思ったんだけど、そこまで見たいと思っていなかったはずがふと見よう!と思い立ったのは、暑さからかもしれないしアリスへの反動かもしれない。

ほぼ予備知識なしで見た。

取りあえず、核戦争っぽい「何か」が起こってほぼ破壊された世界を父と子がひたすら「暖かい(はずの)南」を目指して旅をしているということはすぐ分かる。

いきなり冒頭、荒涼と広がる、焼け果てたグレーの森林の風景にやられた。
そして湖を埋め尽くす(おそらく焼けた)木片。
「終末」っていうとどうしてもマッドマックスっていうか北斗の拳っていうか、砂漠に廃墟みたいなイメージを安易に持ちがちだけど、そりゃ森林地帯だったらこうなるよね。灰。

静かで、それでいてよほどぞっとするヴィジョン。
中盤で、一見大丈夫そうに見えた森の木々が地震が起きただけでバタバタと倒れて行く(=根が死んでいる)、という有様はどんな残虐シーンより恐ろしかった。

で、残虐と言えば。
世界が破壊し尽くされたらどうなるのか、っていう部分で、忘れられがちな根本的な問題をここでは突いている。

お腹がすくのである。

わずかの生き残りの人間と犬以外生物がいない。植物も死んでいる。破壊後10年経っている設定なので「以前」の食料はたぶん食べ尽くされていて、何とか見つけたっぽい虫を親子が食べているシーンがあったが、そうでなければ何かを食べるっていうと、そのわずかの生き残りの人間になるんだよね…っていう。
このポイントを突いた終末映画ってあったかな?

この映画はCGとかなしで、アメリカ各地でロケをしたらしいけど(たぶん災害の跡とかを使ったのでしょうね)、びっくりするくらい「静か」。そこがまた怖い。
いっさいの荷物をスーパーのカートに入れて持ち歩くというのももの凄く皮肉かつリアル(よくホームレスの人はこれを使っている。日本ならたぶんあの、ビニールシートの買い物カートになるだろう)。

いや、すごい世界観だと思います。遠い未来とかではなくて、今あるこの世界の、あるかもしれない姿であるということが嫌でも肌で感じられるようになっている。

とにかく、いつも通り痛いシーンも全裸もありで、本当に何日も食べず風呂にも入らなかったらしいヴィゴと、息子役のコディ君が素晴らしい。
この登場人物にはいっさい名前が無いのだけど、「もしも…」ということをすべての人間に考えさせる作品になっていると思う。
ものすごーく寒々しく絶望的な気分になるけど、余力のあるときに一度は見てほしい作品。



PS:最後にカメオでガイ・ピアースが出て来たときには「人肉つながりかよ!」と思わず苦笑してしまったのですが、これはわざとなのか?どうなの?


ラビナス [DVD]

ラビナス [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


やすっ

大きな期待と残念な結果:アリス・イン・ワンダーランド [映画]

いや、まず「今頃見てんのかい」って皆さん突っ込むと思うスミマセン。
本当に3Dが嫌で、2Dでやってるとこに行きたいな〜ないな〜って思ったら3ヶ月経過していたのですよ。

まあ結論から言うと「もう二度と3Dの映画見たくない」と思いましたね。
映画はディズニーランドのアトラクションじゃないの!「うわー飛び出してる」とかいうのはいいの!
それはそれで30分くらいマイコーを見てればいいじゃないの!

まず、メガネが汚かった訳よ。初め10分くらいずっとゴシゴシやってたんだけどきれいにならなくてあきらめて、端っこがなんかぼやんとしたまま見たですよ。
なんで2000円も払って劣化した視界で、鼻っつら痛くなりながら映画見なきゃ行けないのよ。まったく意味を見いだせない。メガネがきれいだったとしてもやっぱり暗くなるし、強制的に変なフィルター掛けられてるとしか。

で、さらに映画の内容が3Dにあからさまに引きずられてる。3Dでこう見せようってこれ見よがしの図。
バートンよお前もか。

さらにさらに、どこのラノベかいっつー古典的な「運命の戦士」ストーリー。そりゃないですよね。
「アリス」で「バートン」でこんな話見せられるとは思わなかった。ガッカリ。
「その後のアリス」っていう捻りは面白いし、ビジュアル造形は本当にきれいだったのだけど、なんか暗いからナンセンスな世界の楽しさとかわくわく感がない。
ぶっちゃけ、最後のタイトルロールで思いもよらない名前がどんどん出て「えっアレあの人だったの〜〜!?」って思ったときが一番ワンダーランドだったわ。
特にCGキャラならともかくティモシー・スポール=死刑執行人て、分かるかよ!!!!

アン・ハサウェイのなんだかとっても腹黒そうな白の女王はとてもよかったけど、そのまま終わっちゃうし…
バートンのいつもの「異形の者」モチーフも、赤の女王でちょっと出るけど、いつもの優しさが無いし…
さらに言うならば、「不思議の国のアリス」が帝国主義の手先になるという最悪に夢の無い落ちには絶望しましたですよ。(えっだってそうですよね?)

個人的には、一番の収穫は

マットのぷにぷに双子萌え

aliceinwonderlandpic3.jpg
これでした。

South Africa, It's possible. : 「インビクタス」 [映画]

高校生のとき、学校で「アップルタイザーを買ってはいけません」と言われた。
確か他にも製品が上げられていて、要は「ボイコットのススメ」だったのだが(今考えると学校としては問題ありな気がするがキリスト教だったんで)、その時はっきりと「南アフリカ」という国とその問題を認識したのを覚えている。
ちなみにアップルタイザーは甘くなくて結構好きなので、南アフリカが変わって「あーこれで飲める」と思ったことも覚えている。
ただ、その頃はやはりベルリンの壁崩壊とかソヴィエト崩壊のほうが自分へのインパクトが強く、マンデラの解放と南アフリカの変革はちょっと遠いところにあった。
その後、イギリスとかに良く行ったり触れたりするようになり、欧米の(まともな頭の)人たちがほぼ100%で当然のようにネルソン・マンデラを崇拝していることに驚き感銘を受けるようになった。
ついでにアントニー・シャーさんの存在などもあってちょっとずつ興味を持つようになっていた国なのだけどけっきょくWCに行くのは費用面で断念してしまった。

で、今年はマンデラの釈放から20周年。まだほんの20年だ。
このところBBCでも盛んにレポされていたし、イーストウッド監督だからというので観に行くことにした。たまたま昨日は間違って、読み忘れてた先週のGuardian Weeklyを持って会社に行ったのだが、開いたらモーガン・フリーマンのインタビューがあって何だか嬉しい偶然だった。フリーマンはマンデラ本人からぜひ演じて欲しいと言われたことがあるそうだ。

前置きが長くなったが…
生まれ変わった国の、弱い代表チームが、カリスマ的国家指導者のもと「新しい国」を象徴する存在として自国開催のワールドカップで国民の後押しを受け決勝戦へ。
相手は最強のオールブラックス…
って、どんな少年マンガだよ!!

と思ってしまうのだけど実話だからすごい。ちなみにJスポで2/15にこの試合を放送するらしいです。

マンデラ本人にも大きくフォーカスした作品だけれども、正面切った伝記ではなく、”スプリングボックス”とその白人主将を対置した構成がバランスが取れていてとてもうまい。イーストウッドらしい硬派な話の進め方で、決して大げさにすることなくマンデラという人物の希有さ、偉大さが浮き彫りになる。モーガン・フリーマンの抑制された演技は従来のハリウッド的物まね演技を超えて文句なくすばらしい。
対するピナールは決して英雄化されることなく、ごく普通のスポーツマンであり一般的南ア白人の象徴であるというのがまたうまい。彼の家庭の中で起こっていく「ある変化」がとても控えめに等身大に表現されていたのも良かったなあ。
もちろん、現在に至るまであの国の「問題」というのは山積みで、つい最近も「いまだに怯えながら暮らす白人」の記事をGuardianで読んだばかりだし、まだまだ映画に出て来たようなタウンシップは存在する。だけれども、人間というものの可能性についてまだまだ信じたいと思わせる映画になっている。
今、南アフリカの観光局のキャッチコピーが"It's possible"なのだけど、その言葉は本当にこの国には当てはまると思えた。ケープタウン、行ってみたいよ〜。

ただ、肝心のラグビーであるが、個人的にはイマイチ魅力的に映ってなかったような気がする。なんつーかガチムチでむさ苦しいという私の偏見まんまの映し方だったので、ラグビー好きの人にはどう見えたのかわからないけど。
とにかく、こういうスポーツを媒介にした作品というのは、ちゃんとした作品でありさえすれば特にスポーツ好きには普遍的に訴えるものがあるので、上がるんだけどね。あっでも大スクリーンで見るハカは楽しかったです。

残念と言えば、フットボール代表はどうにもこれには続けなさそうなもの残念だな。



My Name is Khan [映画]

昨日からBBCで紹介してまして気になっております。
インド映画ですが、ポスト9.11のアメリカを舞台にムスリムに対する迫害を描いたものらしいですが、インド映画でしかも主演がシャー・ルク・カーンというのがなかなかすごい。
彼自身もムスリムの出身らしいですね。知らんかった。しかしホントに年取らんなこの人は。
インターナショナルマーケットを意識しているらくボリウッド色は薄いようですが、日本では観られるのだろうか…



かくも巨大な重荷:「ベジャール、そしてバレエはつづく」 [映画]

http://www.cetera.co.jp/bbl
「ヤング・ヴィクトリア」がおばちゃまでいっぱいなのを横目に観て来ました(いや、ヴィクトリアもそのうち行くけど)。
私は、踊り手ジル・ロマンが大好きだ。尊敬の域に達している。ベジャールの最高の理解者であり、その芸術を誰より具現する者であり、宗教的なまでに舞踊を追究し続ける求道者。
49歳にしてまだ踊り続けている彼が、ベジャールが亡くなる少し前から、カンパニーを率いる立場としての比重が重くなっていっていることは感じていて、残念に思っていた。
この映画はベジャールを亡くして「それから」のカンパニーを、芸術監督そして今度は振付家としてひとり背負っていく彼の姿が描かれている。BBLのリーダーとしての彼。余りに大きすぎる師の靴を履いて歩き続け泣ければならない彼。
はっきり言って観ていてつらい。初日の幕があくまでのプレッシャーと緊張感にこちらがピリピリしてしまう。

死の床で彼がベジャールさんと約束したこと、それは進み続けること、彼じしんが振付けをすること。しかも彼には、ローザンヌ市の支援の続く3年間で結果を出さねばならないという重責がある。
そんな中で作り上げられる作品「アリア」は、曰く『暴力性』についての作品とのこと。
「いったい加害者にも被害者にもならずに済むにはどうしたらよいのか? 受容すること(Acceptation)だ」
非常にハードな振付けのシャープさはもちろんベジャール的でもあるけれど、ジルの踊りの特質をも反映しているように思う。
ひょっとすると「踊り手ジル・ロマン」自体も、次第に「振付家ジル・ロマン」に継承されていく時期がきてしまったのかもしれない。寂しくもあるけれど、まだまだこのカンパニーを、彼を見続けていたいし、残ったダンサーたちが口々に語る「ベジャールさんの芸術を世に伝え続けていきたい」「進化しつづけなければならない」という言葉を信じたい。

ベジャールさんは、こう語ったという。「カンパニーはひとりの人間だ。細胞は死に再生しながら個人として生き続ける」
死と再生、まさにベジャールさんが追究し続けたテーマではないか。まだまだ、舞台はつづくのだ。



帰宅。ひとことだけ。 [映画]

「旅の仲間」終盤、せっかく吹替えで気持ちよく感動してきているところへ、

ふと、ある台詞のタイミングでアレが脳内に自動フラッシュした

まだ友情があるだろう


号泣…


「嘘つき」とか「やっつけろ」とかはもう何か自分でも決して忘れないのでもう慣れているんだが、これはうっかり忘れていたのでダメージが大であった。泣きたくなったわ。

頼むから誰か戸田奈津子の字幕を私の脳内から消去してください。これは一種の呪いと思う。
泣きながら寝ます(嘘)

夢の残骸: THIS IS IT [映画]

あまりに今更過ぎて書くのも恥ずかしいくらいですが見て来ました。
指輪のイッキミ(SEE)で一昨年ためたマイルが失効するので、クリスマスマーケットを覗いたついでに。

御存知の方は御存知と思いますが、私は特にマイケルに興味はないです。まあ、かつて「BAD」を持ってたことはありますけど。で、なぜ気になっていたのかというと、妙に評判がいいせいもありますが、何よりも私が
バックステージものが大スキ
だからでございます。
私の好きなニッチジャンルのベスト3は密室、バックステージ、潜水艦と言えましょう。
O2アリーナでのこのツアーを巡る過熱ぶりは知っていましたので、果たしてどんなものをどう作っていたのか?ってのは単純に興味がありました。

いや、おもしろかったです。
何よりも、あれほどのスケールのショーが、あそこまで出来上がっていて、完成することなく「空に消えて」しまったことに戦慄しました。

もんの凄い数の候補者から選抜されたダンサーたち、ミュージシャンたち、そして映像クリエイターたち。もちろんマイケル本人も含めたあらゆる人々が作り上げて来たステージはとにかく凄い完成度。「最後の集大成」として作られた構成のみごとさ。"Smooth Criminal"のあの入り方はヤバすぎる、とか、"Thriller"の新バージョンステキすぎる、とか、あのリハーサルや映像を見て、「本番見てみたい」と思わない人間はこの世にいないと思います。

でも、その本番は来なかった。

あらためてライブパフォーマンスとはいかに残酷なものか、と思いました。この足跡だけでもフィルムに残したい、このステージに関わって来たマイケル含め全てのアーティストのためにせめて何かをしたい、と考えた、マイケルとこのツアーを作って来たプロデューサーであるケニー・オルテガの気持ちは痛いほど分かります。当初、「なんか便乗っぽくね?」とちょっとでも思った自分を恥じました。
これだけのショーが作られ(かけ)たのも希有なら、それが幻と消えてしまって、その過程だけが世に残される、これも希有なことです(完成したのであれば、その過程はオマケ程度にしか公開されないわけですからね)。不幸の裏返しではあるけれど、残酷な偶然ではあるけれど、極めて貴重かつ他にないものを見せてもらった…と。本当にこのようなことは起こらない方が良かったということは強調しつつも、この「残骸」はそれはそれで壮絶に美しいのです。

マイケルファンの人には怒られそうな感想なんですが、私はむしろ、周囲の人々のマイケルへの、そしてこのショーへの「思い」と「熱意」に圧倒され、その帰結を知りながら過程を観ている残酷さにおののきつつも堪能したのでした。



UP: カールじいさんの空飛ぶ家 [映画]

ピクサーはさぁ、汚いよ。
ニモに引き続き、ファミリームービーのような顔をして大人のツボを突きまくるなよ。
話が始まる前の回想で泣かすとか、ないっしょ。ほんとに。
(あっ、っていうか本編の前の好例短編もなんか泣かせる話だった今回は)

「夢」って残酷だなぁーとか、イヤンな感想を持ってしまいつつまんまと乗せられたわよ。
子供ウゼーとか思いつつあんまりぷよぷよで可愛く見えて来たり…
ファンタジックな感じに乗せられていると犬は所詮犬だったり…おもしろすぎ。

ただ、3Dメガネ、重くて疲れます。あと、別にそんなに3Dじゃなくても良かったかなと言う気は…
家が飛ぶシーンは本当にステキでしたけど。

しかし、予告が全てネズミー(一個だけDWだったかな)だったのは参った。世界は支配されている。



"Born of Hope" に字幕できました。 [映画]

こればっかりで済みませんの"Born of Hope"ですが、本日無事に日本語字幕が入りました〜。

これまでも漠然と「できるものならやりたいなぁ〜」って思っていたのですが、先週末に本編をやっと見て、すでに欧州語の字幕がいくつか入っているのを見て「あっこれかんたんに入れられるんだ」と気づき、メールが分からなくなっていたのでゲストブックに感想かたがた「まだやる人いなかったらやらせてください」と書いたら速攻で監督/プロデューサー/出演のケイト・マディソンさんよりお返事を頂き、火曜から作業に掛かって一週間。会社とか週末の雑事とかでなかなか捗らず心苦しかったのですが、極力みなさんに早く観ていただければと思いがんばりました。
で、昨日の深夜にファイルを送ってまあアップまでは時間掛かるかなと思ったら、朝起きたら上がってました(汗)はえ〜

え〜、今回はですね、「マニア向け」を心がけております(苦笑)

例のFotR「My字幕」を作った時は、『マニアがいちゃもんを付けている』という擁護側のネガキャンに対抗すべく、「ちゃんとやれば雰囲気残しながらも一般向けに出来るもん!」という心がけだったのですが、今回は思いっきり

イムラドリスって言われて普通に分かる人しかこの映画見てないよね?

てゆースタンスですんで(笑)。

すごーくよく調べて作ってある作品なので、極力小ネタは落とさないようにしたつもり。「ドル・グルドゥアのサウロン」だけは尺的にどうにも無理だったのが無念です(苦笑)
まあ、私も半可通な上に旧訳の人なので、新訳準拠にしたつもりですが、間違ってたりどっかに旧訳ワードがあったらごめんなさい。じっさい、途中まで気づかずにずっと「デュネダイン」って書いてたし…
おかしな所を見つけたらいつでもお知らせ下さいませ。
しかし、数年くらい字幕の仕事はまったくやってなかったのですが、久々にいいものを訳して超たのしかったです。特にオークとか。

BOH_Web_Banner_468_x_60_27k.gif

んでもって、観て気に入られたらぜひ寄付もしてあげてくださいませ…
(しかしこの日記分からん人にはちんぷんかんぷんだなホント…)
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。