So-net無料ブログ作成
つぶやき ブログトップ
前の10件 | -

沖縄と、ある知事さんの話。 [つぶやき]

こんな時ですが、なぜかやたらに沖縄のことを考えています。
寒いから、じゃなくって、ずっと前から読みたかったこの本を、こんな今こそ読みたくなって購入し、2日で読んでしまったせい。

沖縄の島守―内務官僚かく戦えり (中公文庫 (た73-1))

沖縄の島守―内務官僚かく戦えり (中公文庫 (た73-1))

  • 作者: 田村 洋三
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 文庫



そもそものきっかけは去年の夏観た「沖縄決戦」という映画。あのときは文芸坐の特集で戦争映画を山のように観たのですが、一番衝撃を受けたのがこれでした。
沖縄戦については本当に通り一遍のことしか知らなかったと思い知り、「沖縄は本土に捨て石にされた」ということは結果論ではなく本当に意図的になされたのだということを思い知り、もっときちんと学ばねばと思いました。
そして、この映画で島田叡(あきら)さんという方、「(官選)最後の沖縄知事」の存在を知ったのです。
数年前初めて沖縄に行った時、豊見城にある海軍司令部壕を訪ねました。そこで、玉砕直前に大田海軍中将が内地に送ったという電文に出会いました。有名な「沖縄県民斯ク戦ヘリ/県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」で結ばれるものです。軍の司令官が一般市民にこのような配慮と言及をするというのはいかにも異例であり、その訴えるような文面が心を打ちました。
実は、この電文じたい、島田知事と親交が深かった大田中将が、知事の意図を汲んで送ったものであったのだと知りました。
当時、知事職は官選であり、島田氏はまさに沖縄が戦場になることが必至の44年1月という時期に選ばれ、死を覚悟してこの任を受諾、県民の疎開と食糧の確保に心を砕き、最後の最後まで県民と運命を共にしたのです。ほんの5ヶ月しか知事でなかったにも関わらず、「沖縄で最も尊敬されているヤマトンチュ」のひとりであり続けています。
映画と、その後に読んだ沖縄戦のドキュメントで俄然この方に興味を持った私は、色々調べて上の本に行き着きました。島田知事は、戦闘が激化し壕内で県政を行うなかでも常に気さくに部下や庶民と生活を共にし、気を配り、結果的に多くの人命を失ったことを責任と感じて自決したのであろうと言われています。

危機においての普遍的な人間としてのありかた、そして官僚/知事とはいかにあるべきかということについて心から考えさせられるのです。

島田知事について(wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/島田叡
TBSのドキュメンタリー動画
http://www.veoh.com/browse/videos/category/entertainment/watch/v13330753RnCefXxg

ちなみに「沖縄決戦」は岡本喜八の独特の視点、悲惨な中にも乾いたユーモアがあり、またはっきりとした「怒り」に貫かれていて名作だと思います。個人的には八原参謀をあまり好意的に書くのはどうかと思うんですが(彼個人は参謀として優秀かもしれないがあの局面においてあの作戦は結果的に大失敗だったと…)。
最後の場面に残す「希望」がたまらないのです。

激動の昭和史 沖縄決戦 [DVD]

激動の昭和史 沖縄決戦 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD



都民ネタですが [つぶやき]

この方が元気で立候補してるのを見るとなんかほっとするのは私だけじゃないはずです。
20100703.jpg

コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

tailored by England [つぶやき]

ワールドカップに向けて盛り上がってきた…のかな?アンブロの大広告です。この2人はいいんですが残り2人がフォトジェニックじゃない…(元代表キャプテンとエース…)
20100528(001).jpg

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

6月6日、大江戸骨董市@有楽町 [つぶやき]

に、出店することになりました〜。
大江戸骨董市
09:00-16:00 東京国際フォーラム 地上広場
入場無料 雨天中止


ここは何度か客として行っているのですが、骨董市といっても取っ付きにくくなく、気軽に見られる雰囲気。
フォーラムの空間のせいかもしれません。屋台メシも良く出ています。
個人的に気に入っていたのと、初心者でも出やすそうなので…
取りあえず半ブース,手持ち搬入のビジター出店です。

何をどう準備したらいいのか模索状態ですが、お時間のある方どうぞ遊びにいらして下さい~
(場所はまだ不明です)
よろしくお願い致します!

突然ですが、お知らせです。 [つぶやき]

まことに突然ではございますが、イギリスのヴィンテージ雑貨+ハンドメイド雑貨の店を始めました。

コンセプトは「そのへんのふつーのワンルームマンションでも使えるアンティーク(ヴィンテージ)」。
雑貨中心ですが、ひそーかに需要があるのかどうかわからない"FOOTBALL"カテゴリもあったりします。
日本でCrewe Alexandraのバッジを置いてるのはウチだけだと思います(笑)
アーセナル物もまだまだ増やします。

あと、ヴィンテージパーツを使っている、作家ものハンドメイドジュエリーもございます。
これも、今のとこ日本ではウチだけ、の作家さんです。めちゃかわいいです。
http://gillespie-road.com/

ちなみに、お店から別のブログ(アメブロ)にリンクしており、そちらは表向き用ですが、こちらは個人的な毒吐き場として(特にアーセナル)ひっそり続ける所存ですので、こちらをご覧頂いているお知り合いの方々はそのへんよろしくお願い致しますです。

取りあえず見てもらえたらとても嬉しいです。ヘンなところがあったらご指摘下さい。よろしくお願いします。

Eyjafjallajökull [つぶやき]

また噴火したってねえ



…だそうです。読めるか!

帰国報告 [つぶやき]

昨日無事?一週間遅れで帰国しました〜

取りあえずみたものまとめ。
4/2 Waiting for Godot (Haymarket)
4/3 Habit of Art (National)
4/8 ENRON (Noel Coward)
4/10 The Real Thing (Old Vic)
4/11 Single Man (映画)
4/12 Prima Donna (Sadler's Wells)
4/13 Rufus Wainwright
4/16 Orquesta Real Sinfonica de Sevilla (Teatro Real Maestranza)
4/25 Macbeth (Shakespeare's Globe)

少なめです…
姐さんのライヴがすごーーーーーーく良かったです。オペラも、評はイマイチだったのだけどわたしは楽しめました。あと、間に合わないと思っていたグローブ座に図らずも行けたのがよかったかな。あと、W.H. オーデンやブリテンが劇中劇の人物として出てくるアラン・ベネットの"Habit..."はさすがのベネット節で堪能しました。内容が内容なんでどうかなと思っていた"ENRON"はとても大胆な見せ方で楽しめてしまったし。久々のトビー君@リアルシングはやはり巧いなと感心しました。総じて良かったですね。
2日目だったからなのか、内容のせいなのか「ゴドー」で寝たのは不覚であった…

"SINGLE MAN"は素晴らしかったですよ〜〜〜さすがのスタイリッシュさ!横でみてたアメリカ人がちょっとついていけてない、余計な説明を排した行間の描写の巧みさ!なんつってもコリンの演技!とても辛い映画なのは確かだけど。やるな、トム・フォード…

ちなみに、試合は
4/3 Arsenal 1-0 Wolverhampton
4/5 Chelsea Ladies 0-4 Arsenal Ladies
4/6 Barcelona 4-1 Arsenal
4/24 Arsenal 0-0 Man City
という結構悲惨な結果に…やはり神田明神の神通力は欧州には及ばぬか…

あと、Sevillaで闘牛を2回見ました♪かなりハマりそうなよかん。
ちなみにフェリーの船内で「シャーロックホームズ」を観たんですが…ジュード・ワトスンが思ったより良かったというくらいしかいうことがないわ…イギリス人が撮ったのかコレほんとに…
機内では主にインド映画を見ていましたが、カイリー・ミノーグがゲストで出ているという"BLUE"という作品なかなか面白かったです。カイリーはほんとにオマケだったけど。
機内でのヒットはやはり「フィリップ、君を愛してる」でしょう…思ったより妙にリアルだったのが良かったな(ま、実話ですけど)。ユアンの体を張ったカワイ子ちゃん演技にやられました。ロドリゴ・サントロが地味に良かったな。

頼みます… [つぶやき]

勝て~
20100424.jpg

コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

スペイン南北横断の巻 [つぶやき]

08:05 AVEにてマラガ発
10:40 マドリー着 ソフィア王妃芸術センターに行こうとしたら休みだった。
11:05 駅に戻ってコインロッカーに荷物を預けるが、チケットが出てこない。機械の中に落ちていた。おい。
11:30 プラドの前まで来たけど高いのでやっぱりやめて、PLAZA MAYORまで歩くことにする
…が、年度末か!ってほど大規模な道路工事をしていて激しく後悔する。
12:00 PUERTA DEL SOLに到着したらなんだかUEFA CHAMPIONS LEAGUEとかいうロゴの車が止まっている。「トロフィー見れます!」みたいな。えらく並んでいる。取りあえず近くのバルでコーヒーとトイレ
12:25 列に並ぶ。後ろに、全身マドリーでマドリーの本を持った親父が並び、本を見ながらぶつぶつ呟いている。ページの間には新聞の切り抜き。やばめ。と思ったら、数列後ろのおばさんととつぜん言い争いになる。
わからんがおばさんはバルサファンらしい。どうみてもやばそうな人なので相手しなきゃいいのに超応戦している。
おっさん、フィーゴの豚の頭事件とかも持ち出していた(単語単語だけときどき拾えたところで)。やばい。
12:45 と思ったらTVEの取材が来た。2,3人前の兄ちゃんが「バルサが勝つと思う」的にこたえていたらおっさんが割り込み!レポーターに怒られる。私、背景に映ったと思ったがやっぱり使えなかったらしく午後の番組ではインタビューなかった(苦笑) その後うるさいからかおっさん単独インタビュー。そこからまた口論に発展。勘弁してくれ
13:00 ようやく車内に入れる。係員が2ショットを撮ってくれるが、おもいっきりトロフィーが反射で飛んでるやんけ!
13:05 今回のマドリー立ち寄りのメインイベント、Plaza Mayorの南にある老舗「BOTIN」へ。ニンニクスープ(大好き)と名物子豚の丸焼き、水とコーヒーでEUR40超。たけーなー。しかし、この子豚がもううまいのであります。
14:30 駅に戻り、空港へ移動
17:30 なぜかMAD-SDR間を飛んでいるアイルランドの航空会社でサンタンデールへ
19:30 ホテル着。すごく安かったのに着いたらめっちゃ立派だった。スペイン素晴らしい。
20:35 試合が始まる前に何か軽く買おうと出かけたがアイスの買い食い。 菓子屋しかみつからなかったので、スペイン人の大好きなヒマワリの種と水を買う。
ヒマワリの種は、殻をちまちま割らなきゃいけないので面倒くさいということを忘れていました 


取りあえずインテルつよいね
疲れたのでもうねます
前の10件 | - つぶやき ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。