So-net無料ブログ作成

Eyjafjallajökull旅行記。20:おわり [旅行記]

4/24つづき ロンドンの宿は、「もうこれ以上余分に動きたくない」という理由で、着いたパディントン駅近くのLancaster。普段なら泊まらないクラスですが、結構安いレートがあったので。

なんと空いていたのか超パークビュー。
parkview2.jpg
BTタワーからロンドンアイからバタシー発電所まで☆これはなかなかポイント高し。さっそく紅茶を入れて置いてあった茶菓子で「帰って来た感」を満喫。
ただこのホテル、ネットがただじゃなくてべらぼうに高い(ので使わなかった)のががっかりだった。
荷物を預けてた宿の人がホテルまで届けてくれて(有料)、やっと着替えゲト!
この日はハイドパークを散歩し、Edgeware Roadでケバブを買って終了。

4/25
すっかり春めいて来たと思ったらわらわらと裸になりだすイギリス人の図。
hydepark.jpg
午前中はカムデンパッセージに行って来て、さてせっかく予定外に土曜日にいることになったので、まあそりゃ行かないわけにはいかない。というわけで、来れなくなったキャンセルの出たAJさんにお願いしてシティ戦を観に行くことに。
この日のハイライトは何と言っても元25番へのブーイング
試合はまたしてもつまらんドローだった…
ブーイングにしても、ちょっと一部がやり過ぎで不快だった。個人的にはデバ嫌いだしアホだと思うけど、そこまで嫌うほどたいした選手じゃなかった。と思うわけ。
例えば、ユース育ちで生え抜きでイングランド人で、ゆくゆくはキャプテンに…と誰もが思っていたのにスキャンダルを起こした上に移籍、さらに後ろ足で砂をかけるようなことをして行った某キャッシュさんほどには激しい感情を彼には抱かないの。所詮その程度の選手…って感じなので、あまりムキになって怒るのはちょっとみっともない。ましてや勝ててない情けない試合の鬱憤をぶつけるにあたって、自分とこの選手と一緒にいるところへ執拗なブーイングっていうのは情けないんじゃないかい?とか思った次第。

4/26
なんと、ロンドンマラソンまで見れることになっちゃったよー!(ヤケ)
ロンドンマラソンと言えばアホな仮装が有名なんで、一応拝んでおきたいと思いつつ、マーケットとかも回らなくちゃ行けないので,取り合えず歩きつつ眺める。
この日はすごい曇天につき、こんな装置もとっても寒々しい
londonmarathon.jpg
初めは車いすランナー。車いす、当たり前だけど超速い。
londonmarathon2.jpg
そして、どうやらこの人が優勝したらしいが、マラソンさっぱりな私には誰が誰だか…
londonmarathon3.jpg
基本的にマラソン好きじゃないから普通のランナー観てても面白くないのよ…と、取りあえずコースを逆流的にイーストサイド方向へ歩いて行くと、ようやく
londonmarathon4.jpg
紫の人

とか
londonmarathon5.jpg
ハエ男

とかに遭遇。意外と速かったのがバズ・ライトイヤーかな。写真は撮れませんでした。
ある程度満足したのちブリックレーンからスピタルフィールズのマーケットを回ってお仕事など。
そう言えばSt George's Dayだった
spital1.jpg

ランチはUpmarketの邪悪チキン
jerkchicken.jpg

夜は、予定外に滞在が延びた故にシーズンが始まって行けることになっちゃったグローブ座へ。演目はスコットランド芝居。
glob¥e.jpg
ヤード(平土間)に穴の開いた黒い布が貼ってあって、そこから客も顔を出すし、魔女とかこの世の物でない物が出てくる演出。なかなか面白かった。ヤードの人はなんかぶっかけられたり楽しそうだった(笑)

4/27
というわけでほぼ1ヶ月となった滞在終了…最後に郵便出しついでにイングリッシュブレックファストどーん
engbkf.jpg

無理矢理終わり…
コメント(1)  トラックバック(0) 

コメント 1

Toku

長期連載、お疲れ様でした(笑)

自分のお気に入り番号25を汚してくれたデバが、よりによってあのチームにレンタルで移籍するという噂がありますが、そうなったら本当のクズ決定っす。

新25番ジェンキンソンのプチブレイクを期待です!

今月の再渡英はいつからですか?
by Toku (2011-07-21 23:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。