So-net無料ブログ作成

Eyjafjallajökull旅行記。19:ブリテン島への船出 [旅行記]

(注:この旅行記は去年の4月、長い名前の火山が噴火した時の物であります)
4/23 
船の出港時間は15時なので、午前中はまだのんびり。

が、雨。

昔のマーケットを改装した建物のバルであさごはん。
tortilla.jpg
うまい安い。(確か3ユーロくらいでこれにジュース)
同じ所にあった牛乳の自販機。瓶を持って来て中身だけ入れるらしい。
milkmachine.jpg

取りあえず駅近くをぶらぶらしてみたら現役のマーケットを発見。
santandermarca.jpg
塩ダラちょううまそう…

ほんとにすることなくなったのでホテル近くのカフェに入り、黒板にあったなんとかTortaってのを注文してみた。ケーキだと思っていたのだ。
………すんごい待たされて、あげく出て来たのはコレ
santandercake.jpg

…あのさ、スペインだからエレガントな盛りつけとかは期待しないが、うちの3歳(当時)の姪っ子だってもっときれいなホットケーキを焼くよ。しかも中案の定生焼けだし。
お菓子はほぼもれなくおいしいスペインでもこういうことがあるのだと学びましたハイ。

さて、なんとか時間をつぶして早めに港へ…
ferry.jpg
これは前日に撮った同じ形の船。

この状況下で混んでいるだろうことは予想はしていたが…
queue.jpg

 な ん で す か こ れ は 

チェックインはすぐ済んで、新聞と水とか買ってのんびり並ぶも列は4重くらいになってて全然すすまない…1時間は軽く経過してすでに出向予定時刻だけどいっこうに終わらない…

と思ったら、出国審査口が1コ。

そりゃさー、普段は徒歩の客そんなに多くはないと思うんだ。でも、あなたたちこの事態予測できるよね?増やしたりとかできるんじゃないかなー??
とか、日本のパスポートを見たことないであろう(ないヴィザを探していた)審査官君には通じない話だった…

とにかくようやく乗船!!!したら!!!
ferryrest.jpg

じゃーん
はい、船に乗ったらそこから英国です。

懐かしすぎて涙がちょちょ切れるわほんま。

とはいえ、実はこの船Pont Avenはブルターニュ船籍の船。乗組員もフランス人で船内にはあちこちにブルターニュの文化ポスターが貼られている。
ferryposter.jpg
ちなみに船室はこんなかんじ。
cabin.jpg
窓は無いけど広めな上にバストイレ付きとかなり贅沢。てか、安い椅子席とか売り切れだったのだけど…。若者グループはそのへんのソファとかを占拠していたり。

取りあえず荷物を置いたのでデッキに出た。
ferrydeck.jpg
ferrydeck2.jpg
広いので子供遊び放題。
外で椅子に座って新聞とか読んでたらようやく出航した…1時間くらい遅れたと思う…
ferryview.jpg
前日に行った王室の別荘が見えた。

なんとこの船ではネットが使えるようだ。ただ、べらぼうに高い(値段は忘れた)ので30分とかだけ買って話のタネに友人とチャットしてみたがあっという間に切れた。
船内には小さな映画館もあって、なんと見逃してたリッチーの「シャーロック・ホームズ」をやってるというので一応買ってみる。

で、ゆうごはん…

写真を撮れなかったのが心残りなのだが、今時イギリス国内でもさすがに絶滅したのではないかと思われるほどすごかった。もんのすごいぶっといのび切ったパスタに、たぶんアメリカくらいにしかなさそうなシャビっとしたトマトソースのパスタとか。先程のポスターのような感じの肉とか。しかもそれが高額。こんなムショメシみたいなものをフランス人が「ボナペティ♪」とか言って差し出しているのはものすごい小馬鹿にされているというか国辱ものというかイジメのような気がするのだが…
軽く船酔いしかけそうな状態な私にはあり得ないので、サラダだけ食べた。

映画はホームシアター並みの小さいとこでDVD上映なのでまあアレだったけど、映画もアレだったからどうでもいいかみたいな。映画が終わるとちょうどいい具合に暗いし眠いしであっさり就寝。

4/24
一応、夜明けを見たい!というので早起き。クソ寒い。
なんかこう、ザ・夜明け!みたいな感じにはならなかった…
ferrysunrise.jpg

朝ご飯(ここも敢えて温かいものは選ばずにヨーグルトとケーキで…)を食べていたらだんだん鴨の姿など見えて来て。
ferryflag.jpg
船尾にはトリコロール旗。

そして、ついに
landahoy.jpg

「りくがみえたぞーーーーーーーーー」

いやほんと、皆の気持ちがひとつになった瞬間ていうの?

プリマスの港に入港〜
plymouth.jpg
軍港ゆえ色々な艦船が見られました〜
seagull.jpg
カモメ。
20時間とはいえあっという間な感じはあったので、やっぱり飛行機の狭い空間とは違って船旅いいなあと思った次第。そして、食事のレベルは置いといてこのくらいの気楽な客船がもっとあればいいのになーとも(豪華クルーズは要らないし乗れないし)。

入国審査を通ってシャトルバスにてプリマス駅へ。本当はプリマスの街にも寄りたかったのだけど、フェリーが遅れていたのと駅が街から離れているので、おとなしく駅でランチして列車を待つ。
jacket2.jpg
奇しくも出発前に食べたのと同じジャケットポテト…(てか、駅にはそのくらいしか無いのだが)。

帰って来た…
(つづく)
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。